九州で調剤薬局を展開する株式会社サンメディック・サン薬局です

お薬Q&A

糖尿病薬の服用について!

2014-06-02

Q.糖尿病のお薬は、食事の前に飲まなければならないのですか?

A.糖尿病薬は、食後に服用して良い薬もありますが、必ず食事の前、食事の直前に服用しなければならないお薬もあります。医師・薬剤師の指示を守って、服用して下さい。

「薬は服用したが、食事を摂らなかった」、「食事の前に服用するのを忘れたため、食後に服用した」、など、指示以外の服用方法で服用していると、低血糖症状などの副作用が起こる事があるので注意してください。

お薬の『服用時間』について

2014-05-01

『食前、食後、食間など服用時間について』

Q.仕事が忙しく、ついつい服用時間を過ぎてから飲んだり、逆に早めに飲んだり。
また若い頃、『食間』の言葉を気にしすぎて、ご飯とおかずをきっちり半分ずつ食べて、おもむろに薬を飲みだしたものだから、周りの同僚から笑われたり・・・。
お薬の服用時間をまもらなかったら、お薬が効かなかったり、副作用がでたりするのでしょうか?

 

A.実は、大部分のお薬の場合、服用時間は飲み忘れを防いだり、服用間隔を測る大体の目安としてのものです。 
ただし、食事の摂取と直接関係があるものや、薬効が大きく薄れたり副作用が懸念されるようなものもありますので、その場合には注意が必要です。

 しかし、あまり神経質になり、却って負担となり、肉体的・精神的に疲れてしまっては本末転倒ですから、何のためのお薬かを薬剤師に遠慮なくお尋ねになって、あまり食事と関係がないものや薬効に影響がないものであれば、おおらかな気分で服用されたらよいかと思います。

食事や服用時間と深く関連性があるお薬の例としては、

  • 食前…吐き気を抑える薬、血糖降下剤、コレステロール吸収抑制剤や、食後では吸収が著しく低下するもの。
  • 食直前…食事での糖の分解・吸収を抑える薬、即効性の血糖降下剤など。凡そ食事10分程度前が目安。
  • 食直後…消化管への障害を避ける、空腹時だと潮紅発現を招いたり吸収が低下するものなど。
  • 食後…食物の消化を助けるもの。
  • 食間…食事の影響で吸収が抑制されるものや胃粘膜に直接作用するものなど。
  • 朝または昼…利尿剤など夜間に尿意を催す事を避けたり、ステロイド剤など、日内変動リズムに合わせ副腎機能低下を防ぐなど。
  • 夕…コレステロール合成剤などは、夜間にコレステロール合成が亢進されるので相乗効果が高まる。
  • 就寝前…緩下剤などは8時間程度で効果が現れる。
このページの先頭へ